top of page

整体はいつ受ければいいの?


ダンサーや役者さん等、パフォーマンスをされる方によく聞かれます。

ダンスや芝居をなさらない方でも、結婚式、プレゼンや試験、その他大切な予定に備えて整体を受けられる場合の参考になれば幸いです。


整体と言っても様々な手技があるため一概には言えませんので、ここではあくまで「【整処みちゆき】で行う整体(指針整体)の場合」を前提として書かせていただきますね。


受けられる方の心身の状態や運動頻度等にもよりますが、整体の効果の持続期間は3日~1週間くらいです。

人間の身体はそれまで蓄積されてきた日常の姿勢・動き方を「基本」と捉えますので、たとえ整体等、身体に良い調整をしたとしても、「いつもと違う=非常事態」と認知して元の慣れ親しんだ状態に戻りたがってしまうのです。

ですので、ストレッチや運動、定期的に整体に通う、等で身体の「基本」を少しずつ上書きしていくことが必要です。

特にダンスや演劇等、日常ではしない姿勢をする場合は、パフォーマンスや練習後にしっかりクールダウンと筋肉・筋膜をほぐしてくださいね。

※整処みちゆきでは、上書きのためのセルフメンテナンス方法もアドバイスいたします。


というわけで、「1回受けただけで死ぬまで整った状態に!」という術は無いものとお考え下さい。(私が知らないだけで、この世のどこかにはそのような整体もあるのかもしれませんが、それ程の強制力がある術、私は個人的に怖いです(^_^;))



ここまで読んで「じゃあ本番当日に受ければ良いね!」と思われた方。


筋肉の動きがよくなると、動かすスピードが速まったり、重みが軽く感じられます。

振付等、コンマ何秒の微細なコントロールを必要とする場合、身体が軽い・早く動き過ぎて逆にタイミングが合わなくなる可能性があります。


また指針整体は、副交感神経が優位(リラックスモード)になり、身体がゆるむ整体です。

対して運動時は交感神経が優位になり、また、筋肉は収縮した時にパワーを発揮するものですので、指針整体を受けて直後の運動は、例えていうなら寝起き直後に100m全力ダッシュするようなものでしょうか。

「全然大丈夫!」という方もいらっしゃいますが、こればっかりは個々人の感覚次第です…。


なので、最短でも本番まで半日くらいは身体になじむ時間をつくっていただきたいです。


もちろん「本番当日だがこの不調を何とかしたい」というお気持ちも重々わかりますので、その際は、テーピング含め最大限できる事をさせていただきます(医師の受診が必要な状態を除き)。


何だか脅しのような内容になってしまいましたが、せっかくお金と時間を使って整体を受けられるので、「しない方がよかった」となっていただきたくないのです。

お問合せだけでも受付けておりますので、お気軽にどうぞ!


整体を受けるタイミングとは?

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page