top of page

前屈が伸びないのはなぜ?

「身体が硬くて前屈全然いかないんです」という方。 本当に、身体が硬いせいでしょうか? 前屈(立位でも長座でも)するには、まずは股関節を曲げる必要があります。 腰の後ろを丸めて前屈するのは、腰に負担がかかる上、あまり前にはいきません。 では、股関節とはどこでしょう? たいていの方は、恥骨の脇辺り〜パンツのV字ライン辺りを股関節と思われているようですが、実は身体の横めの位置です。 太ももの真横を、膝から上に向かって手でなぞってください。 お尻近くの高さでグリグリした箇所に当たると思います。 これが、「大転子」。股関節は、そこから少し内側の斜め上にあります。

ここを曲げる意識で前屈するだけで、いける距離が格段に変わったりします。 身体の仕組みの理解とイメージだけで変わることもありますよ~、というお話でした。 よくわからない…という方、【整処みちゆき】では施術無しの姿勢やストレッチ指導のみも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

閲覧数:4回0件のコメント
bottom of page