top of page

「おかしいですね」じゃないのです

以前いらっしゃった、長引く腰痛を抱えたお客様のお話。


お客様「『どんな痛みも治します』という売り文句の整体院に5回以上通ったんですが良くならなくて」

あるじ「それで、その整体師さんは何と?」

お客様「『それはおかしいですね』と」

あるじ「・・・・」


「おかしいですね」じゃないんですよ(-"-)


(施術に問題がないという前提の上で)

間を開けずに3回施術しても改善が見られない場合、少なくともあるじは以下のような原因を疑います。

 ・内臓疾患による放散痛

 ・メンタルによるもの

 ・神経または脳の過剰興奮

そして、医療機関でしかるべき検査を受ける事をおすすめします。


セラピストの役割とは、「己の腕で改善に導く」だけではなく「早期発見早期治療への適切な道筋への案内役」でもあるとあるじは考えています。


まして、まるでお客様に責があるかのような「おかしいですね」とは、何たる物言いでしょうか。


『あのお客様元気でお過ごしでしょうか』としばしば思い返すタイプのあるじには、腹立たしくも哀しい話でした。

診断
閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page