top of page
検索

ウォーキングは「1日1万歩」でなくても大丈夫!

厚労省が進める国民健康づくり運動「健康日本21」第三次案にて、一日の歩数目標が下記のようになりました。

●20~64歳→8000歩/日

●65歳以上→6000歩/日


上記の歩数に届かなくても、毎日1000歩増えるごとに死亡率が6~36%減るという報告もあります。

歩く速さが速ければ、さらに死亡率やがん・心血管病発症リスクが減ります。

「1日1万歩」と比べると、だいぶウォーキングのハードルが下がった気がしませんか?


なお、1万歩を超えても「死亡率」に変化はありませんが、以下の効果はありますので、意味のない事はありません。

●歩くほど消費エネルギーは増える→肥満予防

●血糖値が下がる

●体力がつく


また、週10分以上運動した人は、全く運動しない人に比べて18%死亡リスクが低かったという報告結果もあります。


まずは、1日1000歩増やすまたは10分身体を動かす習慣づけから始めましょう!



足の模型

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page